ベビー用品をレンタル利用しよう【処分に困らない方法】

ファミリー
  1. ホーム
  2. 子供の肌を守るには

子供の肌を守るには

ママと赤ちゃん

乳幼児は肌を守る機能が大人に比べると弱いと言われています。そのため、さまざまな理由で湿疹を起こします。専門家が見てもその原因の特定が難しいので、乳児湿疹と呼んでいるのが現状なのです。では、乳児湿疹ができやすい場所はどこなのかと言えば、背中やおしりです。これはどういう意味なのかと言いますとどちらも汗をかきやすく、蒸れやすいためです。そのため、乳児湿疹を防ぎたいのであれば部屋の室温調整に気を配りつつ、子供の背中にあせもがおしりにおむつかぶれができないように、こまめにチェックすることとなります。生後三ヶ月を過ぎると乳幼児の肌は乾燥に弱くなるとも言われており、秋頃に生まれた子供だと空気が乾燥している真冬にそれを迎えることになるので注意が必要になります。

乳児湿疹は多くの子供がそれを経験するので、完全に防ぐのは難しいとされています。しかし、予防法はいくつか存在しています。着替えさせるときに、ガーゼで身体を拭いてあげるようにしましょう。これは肌の表面についた雑菌を取り除くためです。ミルクを与えた後も、口元をしっかりと拭いてあげましょう。どこか濡れている部分があると、そこから問題が起きることがあるからです。お風呂に入れたときは、弱酸性の石鹸を使いましょう。このとき石鹸をしっかりと泡立てて優しく全身を洗い、それが終わったらお湯で綺麗に洗い流すようにしてください。肌が乾燥していると感じたら、専門のローションやクリームを塗って保湿を心がけることも大切です。